モビットの利用がバレないコツは電子領収書サービス

江森です。

モビットでお金を借りたいけど、周りにバレるのを恐れてる人は多いと思います。

まずバレる原因となるところがどこなのかと言うと、利用明細書と領収書ですね。

モビットでお金を借りれば利用明細書が発行されます。そしてモビットに返済すれば領収書が発行されます。

これは貸金業法で発行しなければいけない義務があるので、コンビニのレシートとは違って必ず受け取らなければいけませんし、そのへんにポイと捨てるわけにもいきません。

なのであとで捨てようと思って一度持ち帰るケースが多いと思いますが、そうなると家族にバレる可能性がぐっと高まることになりますね。

捨てるのを忘れてコートのポケットに入れっぱなしにしておけば奥さんに発見されかねません。

しかしモビットでお金を借りる際に家族にバレるケースはこれだけではありません。

モビットのような大きな消費者金融は、専用のATMを街中に用意しています。しかしそれでも設置台数に限りがあるため、専用ATMではとても十分な数とはいえません。

なので、全国のATMとモビットが提携して利用可能台数を増やしています。しかし提携ATMの中には明細書を発行できないタイプもあります。

それなら提携ATMで利用すればバレずに済むじゃないか!と思われそうですが、そうではありません。

最初にも言ったとおり、明細書の発行は、貸金業法で義務化されているので、どうにかしてお客さんの手に届けなければいけませんね。

そこで提携ATMでモビットを利用した場合は、明細書を自宅に郵送することになっているのです。自宅にモビットからの封書が直接届くわけですから、当然家族にバレる可能性は一気に上がるわけですね。

ということは、モビットはいずれにせよバレるリスクが高いということになるかといえばそうではありません。やはり消費者金融を誰にも知られずに利用したいというニーズは多いため、モビットはしっかりと応えてくれています。

それが、電子領収書サービスというものです。これはインターネットから明細書や領収書をダウンロードできるというサービスです。このサービスを利用することで、郵送をストップすることができるのです。これなら自宅になにかが届くことはなくなるので、モビットで借り入れしてもばれないわけですね。

モビットにはMyモビという会員サービスがありますので、電子領収書サービスはそこで設定することができます。最初の時点では郵送の設定になっているので、設定の変更を忘れないように注意しましょう。

物理的な書類が一切発行されないので、バレる可能性がグンと下がりますね。とはいえ、消費者金融の利用がバレる原因は他にもたくさんあるので油断しないようにしましょうね。

 

 

関連記事